ブログ

日本一の少子化対策を。

2017年01月16日

 今日はFM秋田のラジオ番組に出演させていただきました。

 事前にこの場で皆さまにお知らせさせていただくべきだったと後悔しきりではありますが、チャーリーホイさんがナビゲーターを務める「ランチタイムステップス」で、少子化対策や街づくりなどに関して、想いの一端をお話しさせていただきました。

 秋田県では、昨年度から新たに第3子が生まれた場合、第2子からの保育料を無償化していますが、このことについて、私は「ニーズと支援がズレてしまったいるのではないか」と述べました。

 その理由を簡単に述べると、秋田県の20歳から49歳のいわゆる「出産可能年齢」と言われる女性のうち、約4割が未婚(離別や死別も含む)であり、さらに全国的な統計では、婚姻している夫婦のうち約2割が生涯に持つ子どもの数がゼロまたは一人となっています。

 つまり、女性に限って言えば、約6割の女性にとって、第3子の出生を前提とした子育て支援は、「支援」として届かないか、出産の動機付けにならないことになります。

 今、他県では第3子を条件としない第2子からの保育料無償化に踏み込み始めたところもあります。

 日本一の少子化先進県の秋田でこそ、日本で一番踏み込んだ子育て支援に乗り出すべきではないか、とラジオで話をしたのですが、そうした理由があったからです。

 もちろん、子育て支援は経済的支援のみにとどまりませんが、保育料や給食の無償化など、市町村とも協力しながら、より強く、より深く支援をしていくべきではないでしょうか。

 

カレンダー
2019年8月
<<7月   9月>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリー
アーカイブ

沼谷 純はこんな人!

昭和48年3月
秋田市生まれ。仁井田育ち。
平成7年4月
秋田県庁入庁、企画調整課配属。
平成22年12月
政治を志し、秋田県庁を脱藩!
(退職)
平成23年4月
秋田県議会議員に初当選。
現在2期目。
現在
秋田市横森在住。

詳しいプロフィールへ

事務所ご案内

〒010-0951
秋田県秋田市山王5-14-2
山王土地ビル1F

TEL 018-883-3383
FAX 018-883-3384

Googleマップへ