ブログ

立て続けの災害に思う。

2019年10月28日

例年にも増して、という言い方が適切かどうか分からないが、私の感覚では今年は例年以上に強大な台風が日本を襲っているように感じる。 台風19号の爪痕が生々しく残る被災地に、たたみかけるように21号が襲いかかり、復旧・復興が果たされるまで、被災者の皆さん、被災地の皆さんがどれだけの苦しみを背負わなくてはならないのか、そのことを想像するだけで心が本当に痛む。 まして、19号で最大の被害、最多の死者数を出してしまったのが福島ということを考えると、あの東日本大震災からの復興もまだ半ばというところで、神様はなんと重く厳しい試練を福島の人々の与えるものかと天を仰ぎたくなる。 当初から問題視されていた真夏の東京でのオリンピック開催、そしてマラソンと競歩の札幌への会場変更といった事柄を例に出すまでもなく、我が国の東京一極集中の構造は、もはや後戻りすることはないであろう温暖化や、それに関連するであろう台風等の自然災害の多発などに耐えうる状況にないことは明らかである。 ヒト、モノ、カネ、それら全てを東京にかき集め、それらを守るためにさらに公共事業や科学技術を総動員するという繰り返しは、もう限界であり、我が国全体の人口構造や産業構造をさらにいびつにしていくだけではないかと思う。 リストを作ってカニやメロンを配っているヒマがあったら、この国土全体をどうするのか、これ以上、地方が疲弊したときに東京を誰がどう支えるのか、そのようなことを真剣に考え、政策実行に移すことに心血を注いでほしいものだと思う。 今夜も眠れぬ夜を過ごす、もっと言えばあの東日本大震災から未だ故郷に帰れる夜を過ごし続けている国民がいることを真剣に受け止め、私も秋田県民の生命と暮らしを守る責任を果たしていきたい。
カレンダー
2019年12月
<<11月   1月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
カテゴリー
アーカイブ

沼谷 純はこんな人!

昭和48年3月
秋田市生まれ。仁井田育ち。
平成7年4月
秋田県庁入庁、企画調整課配属。
平成22年12月
政治を志し、秋田県庁を脱藩!
(退職)
平成23年4月
秋田県議会議員に初当選。
現在2期目。
現在
秋田市横森在住。

詳しいプロフィールへ

事務所ご案内

〒010-0951
秋田県秋田市山王5-14-2
山王土地ビル1F

TEL 018-883-3383
FAX 018-883-3384

Googleマップへ