ブログ

岡山知事選。

2012年10月29日

 66歳の岡山県知事が勇退を決めた。
それを受けて先日行われた知事選挙。

 結果、戦後初めての民間出身知事が誕生したということもさることながら、今回の選挙では、3名の40代が立候補し、戦った。

 どの政党がどうだ、とか、推薦がどうだ、とかそうした構図は横に置いても、40代の「我こそは」と思うような人間が複数名乗りを上げるということは、それぞれの勝ち負けを超えて、その地域の未来にとっては大変良いことだと感心をした。

 新しい知事がどのような「民間感覚」を発揮されるか、楽しみである。
私個人としては、とかく国政がどうとか、国のせいでどうの、とか、国政との関係でしか「地方自治」を語れなくなった知事が多くなった中で、是非、「知恵」を絞って、まさに「地方」の「独自」の「政治」を進めるという気概を持って4年間に当たってもらいたい。

 

 同じく、66歳で3選を決めた富山県知事選挙。
共産党が擁立した対立候補者がいたが、実質的には無風の信任投票となり、投票率も前回からさらに下がって38%となった。
実質的に、3人に1人しか投票に行かない、というような構図の中で、富山県政の今後の4年が決まったことは少々残念だな、という気持ちもある。

 いずれにせよ、岡山と富山、非常にコントラストのある形となり、大変興味深く結果を見た。
さて、半年後に控えた我が秋田県知事選挙、その他予定されている市町村長選挙も含めて、どういう形になるか。
立場上、なるか、ではなく、するか、と言わねばならぬか・・・

 

カレンダー
2022年1月
<<12月   2月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
カテゴリー
アーカイブ

沼谷 純はこんな人!

昭和48年3月
秋田市生まれ。仁井田育ち。
平成7年4月
秋田県庁入庁、企画調整課配属。
平成22年12月
政治を志し、秋田県庁を脱藩!
(退職)
平成23年4月
秋田県議会議員に初当選。
現在3期目。
令和3年2月
秋田県議会議員を辞職。
新しいステージへ挑戦。
現在
秋田市横森在住。

詳しいプロフィールへ

事務所ご案内

〒010-0931
秋田市川元山下町2-3

TEL 018-883-3383
FAX 018-883-3384

Googleマップへ