ブログ

雪下ろし。

2014年01月27日

   県南を中心とした大雪。昨年より雪下ろし中の事故で死亡する方が多い。

   とは言え、怪我などを含めた事故件数全体は、現在のところ昨年より少ないのだから、今年は昨年に比べ、事故件数における死亡割合が高いということになる。

   個々のケースはつぶさに分からないが、たまたま打ち所が悪かったということなのか、落ちたところが悪かった、とか、「たまたま」で済ませて良いものか、という気にもなる。

   毎月の県当局との県政協議会において、私から県当局に申し上げたことは、「中長期的な取組を」ということだ。

   県や各市町村では、除雪ボランティアを募って、単身高齢世帯などの除雪援助を行っているが、彼らは屋根の雪下ろしまでは行わない。シルバー人材センターに有償で依頼したとしても、これもまた屋根の雪下ろしは行わない。

   専門業者に依頼しようにも、人手が足りず各家庭が支払う人夫賃は値上がりする一方だし、お願いしてもなかなか来ないという状況だ。

   こうした状況を、「今年は大雪だから」の一言では済ませられない。

   高齢化と人口減少によって、中長期的に見れば、雪下ろしが困難な世帯は増えていくだろう。命綱やヘルメットを着用するとか、しないにかかわらず、だ。

   県や市町村においては、各家庭における事故防止のための普及啓発や安全管理の徹底といったことだけではなく、地域の自治組織における相互扶助を維持していくための財政支援や、克雪住宅の普及やリフォームへの助成、屋根の雪下ろしができる有償人員の確保・育成など、中長期的な視点での取組が必要であろう。

   

 

カレンダー
2019年12月
<<11月   1月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
カテゴリー
アーカイブ

沼谷 純はこんな人!

昭和48年3月
秋田市生まれ。仁井田育ち。
平成7年4月
秋田県庁入庁、企画調整課配属。
平成22年12月
政治を志し、秋田県庁を脱藩!
(退職)
平成23年4月
秋田県議会議員に初当選。
現在2期目。
現在
秋田市横森在住。

詳しいプロフィールへ

事務所ご案内

〒010-0951
秋田県秋田市山王5-14-2
山王土地ビル1F

TEL 018-883-3383
FAX 018-883-3384

Googleマップへ