ブログ

安心づくり。

2017年05月15日

 先週木曜・金曜と臨時議会が開かれ、予算の審議、堀井副知事の再任、新議長の選出をはじめ、いくつかの議会内の人事案件などが決定された。

 先に書いたとおり、私はこれからの2年間、福祉環境委員会に所属し、福祉や環境分野に関する予算審査等を行っていくことになる。

 私は、秋田における政治の役割は簡単に言えば、3つの言葉に収れんされると思っている。

 1つは、仕事づくり。これは、雇用や産業振興など、まさに地域や個人が経済的に自立・存立していくための基盤づくりということになる。 

 2つめは、街づくり。市民や県民が生きていく上で、暮らす場所、暮らす地域というものをどういうふうに形成していくか、その場づくりがしっかりしていなければいけない。いくら仕事があっても、住みづらい街、暮らしづらい街ではダメだろう。

 3つめは、安心づくり。人は必ず支えを必要とする。生きていくステージによって、それは子育て支援や教育という形であったり、介護や医療という形であったり、変わっていくのだが、いわゆるセーフティネットがキチンと構築されていなければいけない。仕事がある、便利な街だ、というだけでは人はそこに生き続けてはいけない。

 福祉環境委員会というのは、主に3つめの安心づくりがその職務だと思っている。

 私自身、議会では街づくりや産業政策に関する話題を取り上げて、佐竹知事と質疑をすることが多いのだが、こうした「安全・安心」の部分についても自分なりに見識を深めていきたいと思っている。

 2年後には、再び統一地方選挙があるが、県議会は次回選挙において定数削減をすることを見送った。

 私は県人口が100万人割れする中、県議会が定数現状維持では県民の理解が得られないと、定数削減を最後まで主張したが、多勢に無勢で削減は見送られた。

 そのぶん、県民の皆さまから厳しい目が注がれていると自覚し、質の高い県議会になるよう、努めていきたい。

カレンダー
2019年8月
<<7月   9月>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリー
アーカイブ

沼谷 純はこんな人!

昭和48年3月
秋田市生まれ。仁井田育ち。
平成7年4月
秋田県庁入庁、企画調整課配属。
平成22年12月
政治を志し、秋田県庁を脱藩!
(退職)
平成23年4月
秋田県議会議員に初当選。
現在2期目。
現在
秋田市横森在住。

詳しいプロフィールへ

事務所ご案内

〒010-0951
秋田県秋田市山王5-14-2
山王土地ビル1F

TEL 018-883-3383
FAX 018-883-3384

Googleマップへ