ブログ

同志

2011年03月28日

 いつも、ついつい文章が長くなりがちなのだが、今日は短く。

 3カ月前、県庁を辞めてから、未だ「右も左もわからない」とはこのこと。握手の仕方、挨拶の仕方、声の出し方、服装、ネクタイ、車に乗る時、降りる時・・・・そんな振る舞いはもちろんのこと、これまで考える必要もなかったような事務手続きや、気にする必要もなかったような人間関係まで、本当に何もわからず、正直、今も試行錯誤の連続である。

 それでも、まがりなりにも3カ月何とか走ってこれて、そして、これからの選挙戦も走ろう、走れる、と思えるのは、こうした初心者マークの自分を、明るく根気よくサポートし、しかし、決して妥協や手抜きをせずに、毎日毎日、寝る時間を惜しんで、そして寝る時間以外のほとんどを一緒に過ごしてくれている素晴らしい同志のおかげ。
 生意気な口ばかり、勝手なことばかり言っていますが、「できること」ではなく「すべきこと」をやり抜こうとする姿勢には、毎日本当に頭が下がっているんです。
 結果が出る前に、結果がどうであれ、既に感謝の気持ちでいっぱいです。
 本当にありがとう。毎日本当におつかれさま。

 今やっている全ては、県民の皆さんのため、県政のため、秋田のため、と思ってはいるが、同時に、こういう同志たちの想いを繋ぎ、育て、形にしていくためのものだとも思っている。
 県庁にもこんな素晴らしい仲間が多くいた。
 今は、それぞれの場所でそれぞれの戦いをしているが、春が来て、そして、そのチャンスが得られるなら、立場は違っても「すべきこと」を妥協なく、一緒にやっていきたいと思う。
 これから多くの県庁職員、仲間が被災地に交代で入ることになるようだ。
 くれぐれも気をつけて。被災地でもまた良い仕事をしてきてください。
 そして、その経験を秋田のためにまた持ち帰ってきてください。
 私も頑張ります。

 
 

 

SF

2011年03月26日

 何をやっているか、何も進んでいないような、しかし、滅法忙しい日々が続く。
 来週からに備え、早寝早起き、快眠快食、心頭滅却、を心がけねばならないのだが、結局こんな時間に。

 ふと気が向いて、テレビをつけると「ブレードランナー」
 約30年前の、まだ若かりしハリソン・フォードが、2019年の未来の中で、躍動している。
 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」という非常に印象深いSF小説の名作を原作に持つこの映画は、耽美的で退廃的な空気を、その独特の陰影によって切り取り、今なお色あせない。

 高校の頃、夢中でSF小説を読んだ時期があった。
 「幼年期の終わり」、「夏への扉」・・・海外の小説ばかりだったが、私にとってそれらは「フィクション」という舞台装置によって描かれる「ノンフィクション」の思想であり未来であった。

 そして今。棍棒が銃に変わり、銃が戦車に変わり、もうとっくに人類が宇宙を我がものにしているはずだった2011年。
 人は、宇宙どころか、自分たちの暮らしの「安全」さえ、手にしていなかったことに改めて気付かされた。
 科学も技術も、人の頭脳によって生み出されたもので、人が自然から生み出されたものである以上、科学や技術が自然に打ち克つこと自体がSFなのかもしれない。

 しかし、人の最大の武器は「あきらめない」能力であり、どんなに困難な、想定外の事態に直面しても、最善を尽くし、そして、道が拓けるまでやり続ける力である。

 今日、菅内閣でも新たな人事があった。
 国民の安全・安心を取り戻すその日まで、総力を挙げて取り組んでいくための新しい体制であり、肩書にかかわらず、日本のためにより良い仕事をしてもらうための人事であると思っている。

 かく言う私も、まだ7歳だった30年前、こんな道を選んでいるとは夢にも思わなかった。もっと言えば、1年前ですら・・・・人生はSF小説のようなものだが、だからこそ、今、私も人事を尽くし、そして天命を待ちたい。

 明日は集会。自分の想いが一人でも多くの方に届くよう精一杯やらせていただきます。

摩訶不思議

2011年03月22日

 多くの県民の方々から、お問い合わせなどをいただくので、この場を借りて少し事実関係を整理させていただこうと思う。報道のされ方も少し誤解を招きやすいのかもしれない。

 今回の震災を受けての、統一地方選挙の延期をめぐる一連の報道や決定について、である。
 まず、延期する地域を最終的に決定するのは国(総務大臣)である。
 しかし、地方選挙なのだから、国が一方的に決定するのは適切ではない。そのため、国は必ず事前に地方の意見を聞くように法律で定められているし、地方の意向を尊重するのが法の趣旨である。
 よって、秋田県議会議員選挙の実施が延期されないのは、「国が決めた」「国が決めたことだから仕方がない。」というのは、地方の権利を自らドブに捨てているに等しく、説明としても誤っている。
 だからこそ、民主党、社民党、共産党は、県選挙管理委員会に対して、「選挙実施の延期」を申し入れた。
 国が勝手に決めるなら、国に申し入れるのが筋になるはずだ。そうではない。
 この申し入れについての県選挙管理委員会からのリアクションは今のところないが、今日の報道によると、
岩手、宮城、福島の3県20市町村でまずは「第一次」の延期決定がされたそうで、他自治体からの要望があればさらなる「二次指定」があるとのこと。

 さらにもう1つ、今日の報道。
 ある県内選挙区において非常に摩訶不思議な「選挙自粛申し合わせ」がなされたとのこと。
 それは、「ガソリン不足や被災地への配慮などから、選挙カーを走らせる時間を、12時間から10時間に2時間だけ短縮しましょう。」といった申し合わせだ。聞くところによると、某自民党ベテラン県議からの提案によるものであるらしい。
 不思議なのは、配慮したり、遠慮したり、自粛しながら選挙をやらなければならず、そういう制約条件下の中で有権者が一票を投じなければならないとわかっているなら、なぜ、「選挙の延期」そのものを提案あるいは県選管へ申し入れしないのか、ということである。
 さらには、本当に実効ある配慮や自粛をするなら、2時間短縮などという誠に中途半端なことを言わず、「選挙カーそのものの使用禁止。車は移動手段にしか使わない。」という提案ぐらいしてほしいものだと思う。

 統一地方選挙に関するこうした自民党の中途半端な対応については、同じ自民党内でも、疑問の声が上がっているようだ。私は、おかしいことをおかしいと言える、こうした良識と勇気を持った候補者の方とは、党派の違いを超えて、何らかの形で、今回の震災を踏まえた「あるべき選挙スタイル」を一緒に考え、切磋琢磨していけたらと思う。是非、古い政治、古い慣習を、若い力で変えていきましょう。
 2次指定もあるわけですから。

カレンダー
2021年9月
<<8月   10月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の記事
カテゴリー
アーカイブ

沼谷 純はこんな人!

昭和48年3月
秋田市生まれ。仁井田育ち。
平成7年4月
秋田県庁入庁、企画調整課配属。
平成22年12月
政治を志し、秋田県庁を脱藩!
(退職)
平成23年4月
秋田県議会議員に初当選。
現在3期目。
令和3年2月
秋田県議会議員を辞職。
新しいステージへ挑戦。
現在
秋田市横森在住。

詳しいプロフィールへ

事務所ご案内

〒010-0931
秋田市川元山下町2-3

TEL 018-883-3383
FAX 018-883-3384

Googleマップへ