ブログ

代表選。

2012年09月12日

 民主党代表選の顔ぶれが決まった。
公開討論会も拝聴した。

 私自身も地方議員として、代表選挙にささやかながら一票を投じることになるが、私としては野田総理大臣に一票を投じたいと思う。

 民主党に対する様々なご意見もご批判もあり、至らぬ点も多々あることは事実だが、正直、これは開き直りでもなんでもなく、良くも悪くも政治は「人間」がやっているとつくづく感じる。

 機械が、統計やデータから、まさに機械的に政策を作り上げ、容赦なくムダを切り捨て、粛々と実行するならば、その機械をメンテナンスする作業員がいればいいだけで、「政府」や「政治家」は要らない。

 人間が、人間のために政治をやるからこそ、そこには「感情」や「裁量」が加わったりする。

 政治がそういうものだ、という前提の中で見たときに、人間としての政治家、野田佳彦は、私はよくやっていると思っている。

 それは、政策や国会運営の手法といった「成果物」だけではなく、エンドレスに降りかかる、あるいは生じる国内外の課題と、それに対する360度からの圧力などに対して、常人の域を超えた忍耐力をもって立ち続け、言葉を尽くして理解を求めていこうという姿勢そのものに対する敬服の念も込めて、である。

 この野田代表に比べれば、他の候補者の方々は、申し訳ないがやや「軽い」。
何より、党としてやると決めたことを、その方向に沿ってこれほど愚直にやってきた代表はいない。

 どこかの党のように、身を粉にして働いて、地方選挙を含む様々な選挙において党を勝利に導いてきた総裁を、一顧だにせず引きずりおろすような、そんな「血も涙もない」政党と、我が民主党は違うのである。

 野田代表が再選を果たし、引き続き、その忍耐力と言葉の力で政権運営をしていただくことを切に願う。

 ブッダの言葉、「犀の角のようにただ独り歩め」は、修行者に向けての言葉とされているが、私はとても好きな言葉だ。

 政治はときとして孤独なものかもしれないが、それを超える精神力、胆力を持って、歩みを止めないことこそが今、求められていると感じる。 

剥き出し。

2012年09月10日

 他党のことであるが、大変ユニークな動きをされているなあ、と思って見ている。

 自民党総裁選。
長く権力の座にあった自民党、その総裁はつまり「総理大臣」であった時代と比べ、野党となった自民党の総裁は、本当に大変な党運営をされてきただろうと思う。
政権を担ってきた時間が長ければ長いほど、そこで得てきたもの、行使してきた権力が大きければ大きいほど、そこから離れた大政党をまとめていくというのはいかに大変なことか、私は想像するしかないが、楽なわけがない。

 まして、情緒的な話にはなってしまうが、在任中に奥様を亡くされ、その中でも、民主党政権と対峙し、時に厳しい議論を交わしながらも、党利党略を超えて日本の未来のために、消費増税という道を選択していただいた。

 その総裁を支える立場にあるべき幹事長が総裁選へ出馬し、現職総裁が総裁選に出馬することさえできずに総裁の座を降りる。

 そして、5年前のちょうど今日、9月10日に召集された臨時国会において、「職責を全うする」と所信表明をした後、その2日後に突然の辞任をした、前代未聞の無責任ぶりと健康不安ぶりを露呈した元首相が、最近では公然と「私にはやり残したことがある」と総裁選出馬に意欲を見せている。

 総裁選レースがどうなるか、その結果は知る由もないが、相変わらず反省も検証も仁義もない、我欲むき出しの政党だな、という感を禁じ得ない。

 私としては、そういう政党にあって、天下国家のために働いていただきた谷垣総裁が降板されることが本当に残念でならない。

 

女子会。

2012年09月08日

 「女子会推進課」
なんともおもしろい組織が山梨県で立ち上がった。
課長は、有名モデルの富永愛さんだそうだ。

 東京に住む30〜40歳代の女性をターゲットに「美・健康・癒やし」をテーマに、女性職員18名が様々な情報発信をする、というのが狙いらしい。

 7月に立ち上がったばかりで、効果や成果のほどは、今後ということになるのだろうが、ユニークな取り組みであるし、注目していきたいと思う。

 本県でも、木村伊兵衛氏撮影のあの「秋田美人」が銀座のビルの壁面を大きく飾り始めた。
「あきたびじん」と読める「あきたびじょん」。
その手法、そのターゲットはどこか。

 私としては、言葉は悪いが「秋田美人」で男性を釣ろうなどとは思わないし、そういう方向性も出すべきではないと思っている。

 とはいえ、秋田に誰が、どこから、どういった目的で観光に訪れるのか、どういう年代層や男女どちらをターゲットにするのか、そういう「セグメント」をしっかりと考えて、DCを含めた各種の観光キャンペーンをやっていく必要がある。

 そのように考えていくと、やはり秋田も「女性」をターゲットにすべきだろうと私自身思う。
食・温泉・自然・美人・・・どのキーワードも、女性に向けてこそ、最も効果的な言葉であるように思うし、今、日本の観光需要をけん引しているのは何と言っても女性である。

 民間企業では、商品開発などで女性だけのチームを作り、女性ならではの感性を大事にするということをよくやるが、秋田県庁においても、何も「男女共同参画」や「子育て支援」といった「いかにも」なところだけではなく、こうしたマーケティングやPR、あるいは地域づくりなどの企画部門を思い切って女性だけの組織・チームに任せてみてはいかがだろうか。

 私自身もそうだが、男が発想する「男性的なる企画」はロジックや全体論には満ち満ちているが、「女性的なる」ものは絶対に発想できない。
メインターゲットが女性なら、プロダクト側も女性のほうがよい。

 特に、行政機関は、最も男性的なる組織であるので、それぞれの部署に1人、2人、女性職員を配置する、女性管理職を置く、というような「女子力」の活用ではなく、どうせなら、女性だけの部署を設置して、思い切り女性の視点で、女性をターゲットにした政策や事業を立案・実施してもらいたいと思う。

 秋田県庁でも是非、トライしてみてもらいたいものだ。

 

カレンダー
2012年9月
<<8月   10月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
カテゴリー
アーカイブ

沼谷 純はこんな人!

昭和48年3月
秋田市生まれ。仁井田育ち。
平成7年4月
秋田県庁入庁、企画調整課配属。
平成22年12月
政治を志し、秋田県庁を脱藩!
(退職)
平成23年4月
秋田県議会議員に初当選。
現在2期目。
現在
秋田市横森在住。

詳しいプロフィールへ

事務所ご案内

〒010-0951
秋田県秋田市山王5-14-2
山王土地ビル1F

TEL 018-883-3383
FAX 018-883-3384

Googleマップへ