ブログ

9月議会開会に当たって。

2013年09月11日

 明日から9月議会が開会する。  定例の議会は、年4回。6月、9月、12月、2月ということになるので、議員になってからこれが10回目の定例議会になる。  これまでの定例議会で一般質問や総括審査、そして、様々な討論などをやらせていただいてきたが、民主党という国政政党に所属しているため、国政選挙や首長選挙、あるいは、その時々の政治情勢などによって、私自身の議会における賛否や討論などに、少なからず影響を受けてきたことは事実である。  今後も、国政政党に身を置く限りは、そうした影響や制約などは当然想定されるわけで、それを忌避しようとも思ってはいないが、今回の9月議会は国政選挙等も一段落したこともあり、比較的自由に、自分自身の思想信条や政策立案に従って、やっていくことができそうだ。  今回の議会、私自身の出番があるかどうかはまだわからないが、今議会において、議論しておくべきいくつかのポイントを私の目線として整理したい。  1つは、当然ことながら、仙北市における土石流災害を受けた今後の災害対策のあり方についてである。先般、県の地震被害想定調査がまとまったこともあり、市町村を含めて、今後の対策をどうるすのか、具体的かつ体系的に、工程表を伴うような議論をしていくべきだろうと思う。  2つめは、DC(ディスティネーションキャンペーン)である。来月から始まるものであり、昨年から準備も進めてきたわけで、もはや、ここに至ってはジタバタしても始まらない、あとは本番を迎えるのみ、という感覚もないわけではない。  しかし、始まる前の総点検はしておくべきだろう。チェックリスト、とは言わないが、これだけの期間、これだけの規模でやるとなれば、全て順調に進んでいる、安倍総理のように「完全にコントロールされている」というふうに言えるとも思えないわけで、より良いものにしていくという意味で、最後の点検をする時期だろうと思っている。同時に、これを単なる一過性のイベントに終わらせないために、このイベント期間中に、「検証し、改善しながら、走る」ということが必要だろうとも思っている。キャンペーン期間が終わってから、さて、何をどうやって検証しようか、と考えるのではなく、期間が始まる前から予め、検証すべきポイントを掲げてイベントに入ることが望ましいだろう。  3つめは、公社や独立行政法人など県が深く関与している法人の決算状況だ。毎年9月議会ではこれら法人の前年度の決算状況などが公表される。先般の6月議会では県立大学の増築について大きな議論になったが、こうした1つ1つのケースで議論をするだけではなく、独法や公社などに県がどのような関わりを持つべきか、財政的・人的な度合いや、その関わり度合いが適切かどうか、といった総体を見るような議論はやはり何度でもやるべきだろうと思っている。  最後が、現県立美術館の扱いである。「秋田の行事」の引っ越しが無事終わったが、家主が引っ越した後の平野美術館をいつまでにどうするのか、ここまでズルズルと決めれずにきた県の責任は重いと私自身は思っているが、であればなおさら、これからも先延ばしにしておくことはできないだろう。存続できる条件があるならばその条件を、いかなる条件もないならば速やかに廃止を、という方向付けをしなくてはならないだろう。平野美術館の扱いを決めずに、「新美術館本格オープン!」で盛り上がろうというのは 虫が良すぎるというものだ。  このほかにも、中小企業振興条例という器に何を入れるか、といったことや、様々な課題がある。民主党会派からは虻川議員が今回は一般質問に立つことになっている。  党派・会派を超えて、充実した議論ができる1ヶ月にしていきたい。  

オリンピック招致に思う。

2013年09月09日

 「完全にコントロールされている」

 「今までも現在もこれからもまったく問題はない。」

 確かに自信に満ち溢れた総理のプレゼンが、2020年の東京オリンピックを引き寄せたのかもしれない。

 オリンピックの経済効果は、東京都の試算では3兆円、民間シンクタンクでは150兆円とも言われ、現在の国立競技場は約1300億をかけ、建て替えられる予定のようでもある。15万人の雇用創出とも言われている。

 こうした大規模な建設工事や、様々な官民の投資には、巨額の税金と、莫大な電力と、膨大な建設資材が必要となるだろう。

 未だ、15万人とも言われる避難生活者や仮設住宅暮らしの方々、そして資材や労務単価の高騰で未だ手がついていない被災地での小さな復興工事の数々など、こうした状況を尻目にして、トーキョーがこれから7年間のお祭り騒ぎを続けることになるのだろうか。

 安倍総理は、原発からの汚染水を「0.3平方キロメートルの港湾内に完全にブロックされている」と堂々とおっしゃった。

 しかし、当事者たる東京電力は、「水中フェンス外の放射性物質濃度はフェンス内に比べ5分の1程度の抑えられている」と言っており、港湾内と港湾外の水が入れ替わっていることも認めているようだ。そもそも素人が考えても、水一滴も港湾外に漏らさないようにフェンスを張り巡らすことなどできようもないことは容易に想像がつく。

 そもそも、1日300トン発生する汚染水は、地下水に到達したとも言われ、直接、港湾外に染み出していると考えるほうがむしろ自然だ。

 安倍総理の言葉をこのまま借りれば、今、被災地の人々は、「完全にコントロールされ、全く問題のないもの」のために、未だふるさとの土を踏めないでいるということになる。

 オリンピックはめでたい。オリンピックはよいことだ。オリンピックは平和の象徴だ。

 そんな喧噪にかき消されることがないように、注視し、声をあげていかなくてはならない。

 東京よ、おまえは、東京だけで東京たりえるのではないのだ、と。

 地方の労働力と、電力と、水と空気と森があって、東京は東京たりえるのだ、と。

 安倍総理が被災地や疲弊する地方のことを忘れ、上を向き、外を向き、足元を見なくなったとき、国民は再び自民党を見放すことになるだろう。

 安倍総理が、国際社会に向かって語った言葉は、実は誰よりも被災地の人々に向かって語られるべき言葉であったと思うし、残念ながら、そのときに、その言葉が信頼と真実をもって受け止められたとは私には到底思えない。

 オリンピック招致決定に湧いたあの明け方の瞬間は、同時に、国民に対して安倍政権が重い重い十字架を背負った瞬間であったとも私は思う。

 

 

違和感。

2013年09月03日

 最近、国政に関する話題にはあまり触れないでいたのだが、久々に書く。

 違和感を感じていることがあるからだ。

 それは「違和感」という言葉について、である。

 先日、最高裁判事に就任した前内閣法制局長官が、「集団的自衛権の行使を憲法解釈の変更だけでやるというのは無理があるのではないか。」という趣旨の発言をした。これは、これまでの歴代内閣によって、日本の政治史において積み上げられてきた憲法解釈の重さを踏まえたうえで、集団的自衛権を行使するというならば、憲法解釈の変更ではなく、憲法改正そのものをするべきだ、という至極当然の意見を述べたものであったが、これに官房長官は司法の人間が立法のことに口を挟むのは「強い違和感を感じる」と述べた。

 また、オリンピック委員会総会に皇族が出席することについて、従来から「皇室の政治利用」という面から宮内庁が慎重姿勢を取ってきたことを踏まえ、宮内庁長官が「天皇・皇后も案じておられるのではないか」と発言したことについても、「違和感を感じる」と官房長官は述べた。

 私は、国家権力の中枢にある人間が、「違和感がある」というような曖昧な表現で、物事の方向を決めていこうとすることに私はまさに強い「違和感」を感じる。

 権力を握った人間が「違和感がある」、「いかがなものか」と言えば、言う側は自らの意思や意見を明確にせずに済むので、後々いかようにも言い逃れも言い訳もできるし、曖昧な表現の向こう側に自らを隠してしまうことが可能だが、言われる側は、その言葉の意味や真意、権力者の意図を察して、何らかの対処を迫られることになる。その対処は一見、自主的・自発的に行われるように見えて、実は、強い強制性を持っているのは、それが国家の最高権力に位置する者から発せられた言葉によるものなのだから、当然と言えば当然だろう。

 自民党の憲法改正草案は、現行憲法によって保障されている「表現の自由」を、公の秩序を守るためには規制できる、という「表現の条件付き自由」に変更するという内容になっている。

 公の秩序を誰が判断するのか、それは最後は司法判断とはいえ、一義的には警察を含めた行政庁、つまり、時の権力者が判断するということになるのだから、この表現の自由に対する規制は、実は大変大きな問題を孕んでいると私は思っているが、こうした自民党の統制的・強制的な政治の思想が、こうした最近の一連の発言にも現れているように思えてならない。

 安倍総理も、どこかのマスコミ相手に、もう取材は受けない、などと圧力をかけ、結果、「謝罪」らしきものをさせた、と言って矛を収めてみたり、こうした自分たちの意向や意思に添うものだけに社会を染め上げていこうというような姿勢が感じられる。

 「決める政治」は大いに結構だ。

 しかし、権力をちらつかせながら、「違和感」という恫喝で、異なるものを排除し、規制していく決め方は、国家をやせ細らせていくのではないか。

 権力者の出番は最後でいい。いろんな人にいろんなことを言わせて、そして最後に決めればよいのであって、そうした多様な意見が出る前に自分の意思を前面に出してしまう権力者というのは、よろしくない。

 強すぎる政治家、自信がありすぎる政治家というのは考え物だ。私はそう思う。

 

 

カレンダー
2013年9月
<<8月   10月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新の記事
カテゴリー
アーカイブ

沼谷 純はこんな人!

昭和48年3月
秋田市生まれ。仁井田育ち。
平成7年4月
秋田県庁入庁、企画調整課配属。
平成22年12月
政治を志し、秋田県庁を脱藩!
(退職)
平成23年4月
秋田県議会議員に初当選。
現在2期目。
現在
秋田市横森在住。

詳しいプロフィールへ

事務所ご案内

〒010-0951
秋田県秋田市山王5-14-2
山王土地ビル1F

TEL 018-883-3383
FAX 018-883-3384

Googleマップへ