ブログ

衆議院選挙について。

2017年09月26日

 国難突破解散だと言う。

 仮に北朝鮮情勢や少子化問題が「国難」だとして、それを突破するために「仕事人」内閣が、仕事を放りだして解散するというのだから、理解に苦しむ。

 米国と北朝鮮が、日本を挟んでかつてない緊張状態にあるときに、その何を問うのか?

 対話と圧力という基本路線は、与野党を通じて変わるものではなく、争点になりえないし、仮に日本が北朝鮮に先制攻撃でもしようということならまだしも、私自身は、安倍総理が北朝鮮問題の何を問いたいのか、さっぱりわからない。

 また、消費税10%への引き上げ時の使途変更ということだが、これも「今、問う」ことの意味は全くない。

 アベノミクスによる景気回復と言われながら、実際には「実感なき、実体なき」景気回復であり、地方は人手不足と人口流出のデフレスパイラルに陥っている中で、そもそも予定どおり消費税を引き上げることができるのかどうかさえ怪しいというのが実情だ。

 しかも引き上げは今から2年後の予定であり、2年後に財布に入ってくるかどうか分からない「お金」の使い道を、今から「変えたい」と問うことは滑稽ですらある。

 それを争点にしたいなら、来年12月の任期満了時の選挙でも十分間に合うではないか。

 北朝鮮問題も消費税も、こじつけにすらなっていない理屈であり、こんな強行突破解散のために600億の血税が選挙費用として費やされていくのは強い憤りと疑問を覚える。

 安倍降ろしをやってきた野党なのだから、解散を批判せず歓迎したらいいじゃないか、という論調もあるが、私はこの意見にも異議がある。

 もちろん、選挙になった以上、しっかりと受けて立つわけだが、国家国民のためではなく、自分のため、自分の権力維持のための「解散」を歓迎し、チャンスだと喜んでしまうようでは、党利党略にまみれた政府与党と、同じ低俗なレベルになるということだ。

 この解散は、時期も理由も含め、間違っている。

 しかし、解散となった以上、そうした間違った政治に楔を打ち込むのが野党の使命だ。

 逃げも隠れもせず、各候補者が全力を尽くして、堂々たる議論の先に、勝利を掴んでいただきたいし、私も自分の責任と役割をしっかりと果たしていきたいと思う。

 唯一の争点は、北朝鮮でも消費税でもなく、この「何でもあり」の政治状況を変えるかどうか、「格差の拡大と東京一極、地方の疲弊」という経済政策を続けるかどうか、である。

 

  

民進党の体たらく。

2017年09月11日

 9月1日の臨時党大会において、前原新代表が選出された。

 その数日後、幹事長に内定していた方が離党をした。

 報道によれば、さらに数名が離党を検討しているとか。

 1人ひとりの理由や事情をとやかく言うつもりはないが、このように離党者が続出する政党に対して国民が再び信頼を寄せることはないだろう。

 政治の道に入ってまだ7年目という若輩の身ながら、7年の間、民主党・民進党という政党に対する強すぎるほどに強い逆風を、地方の現場にいながら必死に受け止めてきたという自負だけはある。

 政党問わず、地方議員は逃げも隠れもできない。

 日々、選挙区に暮らし、日々、有権者に対面し、日々、批判にも激励にもさらされる。

 代理出席してくれる秘書もいなければ、送迎してくれる事務員もいない。

 満足に地元活動もせず、小選挙区で当選したわけでもなく、何かあれば離党だの新党だのと目の前の人々や足元の課題に背を向けて、さっさと東京に戻ってしまうような国会議員なら、こちらから願い下げ、という気持ちにもなる。

 こうした政治情勢、こうした民進党の体たらくの中で、必死に地べたを這って、日本のために、ふるさとのために、支援者のために、仲間のために汗をかこうという覚悟がない議員がいるのは本当に情けない限りだ。

 消費税なみの支持率の中で、歯を食いしばって活動をしている民進党の地方議員が、いかに今の民進党及び党所属国会議員らに強烈な不満を持っているか、少しは解っていただきたいものだと思う。

 情けない。実に情けない。

 他党への批判も、他党との連携も何一つ語る資格はないではないか。

カレンダー
2017年9月
<<8月   10月>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリー
アーカイブ

沼谷 純はこんな人!

昭和48年3月
秋田市生まれ。仁井田育ち。
平成7年4月
秋田県庁入庁、企画調整課配属。
平成22年12月
政治を志し、秋田県庁を脱藩!
(退職)
平成23年4月
秋田県議会議員に初当選。
現在2期目。
現在
秋田市横森在住。

詳しいプロフィールへ

事務所ご案内

〒010-0951
秋田県秋田市山王5-14-2
山王土地ビル1F

TEL 018-883-3383
FAX 018-883-3384

Googleマップへ