ブログ

再就職。

2011年08月11日

 なんとも情けない話だ。

 夢や情熱、気概を持って仕事に打ち込んでいる若者がたくさんいる。
 理想と現実の狭間で、苦しみながら毎日深夜まで仕事をしている仲間がいる。
 秋田を良くしたい、次の世代にしっかりとバトンを渡したい、みんなに安心して老後を過ごしてもらいたい、若者が秋田で働き、暮らせるようにしたい・・・・

 そうした理想や想いとは裏腹に、目の前の現実を見たときに、無力感や絶望感に苛まれることもある。

 外を見れば、少子化という抗いがたい波、産業振興という困難な命題、過疎や限界集落、若者の県外流出といった状況。このままでは秋田が無くなってしまうのではないかという不安。
 中を見れば、年功序列という分厚い壁、財政難や定数減といったヒト・モノ・カネの減少、次々と降ってくる、時に「思いつき」のような指示への対応、組織内部の論理が優先されていくことへの疑問、業務量のアンバランスやマネジメント力の不足・・・・もちろん、「常にそうだ」ということではないが。

 秋田に課題は山ほどある。
 そして、それに立ち向かうための武器や体制、人的資源が十分とはとても言えない。
 しかし、それでも、そういう中でも、情熱と想いを持って、抱え込んで仕事をしている職員が確かにいて、彼らは日々、戦っている。
 それが、私が16年在籍した、秋田県庁という組織だ。彼らを私は今も尊敬している。
 県民の皆様からすれば、至らぬ点ばかりの「行政」や「役所」であるかもしれないが、必死にやっている人間がいることも、願わくばご理解いただきたいとも思う。

 話が廻りくどくなってしまった。

 幹部職員の再就職。
 このことについて、冒頭、なんとも情けない、と言った。
 昨年度末に退職した建設交通部長が、「職務上密接な関係にあった企業への再就職は自粛する」という内部規定に違反し、建設会社に再就職した。
 県の部長と言えば、単純に言えば「県政のトップ10」に入る実力、決定権を持ち、その下には100人や200人の部下がいる。秋田の民間会社の社長さんでも、それほど部下を持っている社長さんはそれほど多くないのではないか。
 部長の下には、日々、それぞれの部局が抱える重要課題が持ち込まれ、最後は「部長の一言」で物事が決まっていくことが多い。
 私自身そうだったが、若い職員にとっては、部長室に入るだけでも緊張する、というようなものだ。
 同時に、自分もいつかこの人のようになって、自分の意思で県政を動かしていきたい、と思ったりもする。
 まさに、下の人間にとっては、「基準」であり、「規律」であり、「権威」であり、「目標」である。

 県議会議員は秋田県に45人「も」いるが、県の部長クラスは10数人しかいない。
 県議会議員は自分の裁量で動かせるお金は年間300万円の政務調査費だけだが、部長は年に何十億、何百億という予算を直接的に決定し、動かしている。

 そういうポストにあった人間が、自ら県の内規を無視し、自分の後輩と言える現職幹部から「非常に残念だ」などとコメントされることは、私としては、「残念」を超えて「情けない」の一言に尽きる。いや、「憤り」か。
 踏ん張って、戦って、必死にやっている部下や後輩らに、どう顔向けするのか。
 再就職したポストはかなりの高給とも聞く。
 7月1日の公表を意識し、8月1日からの再就職という、「公表逃れ」とも言われかねない手法を採ったとも聞く。
 「部長だったときはなんだかんだイイこと言っても、結局、自分の保身、自分のことしか考えてなかったんだな。本当にガッカリだ。こういう恥ずかしいことはもうやめてもらいたい。」
 そんな声を県庁内部の若手職員からも聞く。

 自分の理屈で、自分が何をやるのも勝手と言えば勝手なわけだが、せめて、これから先も現場で踏ん張り続けていく職員の情熱に水をかけるような、後ろ足で砂をかけるようなマネだけはしないでもらいたい、と私は思う。
 自分が指示を受け、自分が信頼してついてきた人が、自ら県の内規を破り、その結果、県庁全体が県民から責められ、信頼を損なうことになる、というのでは、ある意味、職員は「裏切られた」という思いを抱いてしまうのではないか。
 県の最高幹部が退職し、県庁や後輩らに遺していくものが、「県民からの不信」や「上司への不信」といったものだとすれば、それほど遺された側にとって迷惑なものはない。

 現在の内規そのものに無理や矛盾があるのか。だとすれば、職員のモティベーションを下げないためにも、そして、県民の皆さまの信頼をこれ以上損なわないためにも、「できない約束」はしないほうがよい。
 県が再就職を斡旋するということについても、県民の皆さまからは「公務員だけ、ハローワークとは違う仕組みが用意されているのはおかしい」というご意見があることもまた事実。
 私は現時点で再就職そのものを全否定するものではないが、県が斡旋する以上、そのポストに斡旋する必要性(なぜ県庁OBが必要なのか)、特定の人物を斡旋する理由(なぜその人物でなければならないのか)、任期や給与など(どういった仕事と待遇なのか)を最大限明らかにし、透明性や公開性を確保することを前提として、民間からの要請を受ける、斡旋する、といったことをやらなければならないのではないか。
 
 

 

まちなか座談会報告。

2011年08月09日

 さて。「まちなか座談会」についてご報告します。
 告知のみで、政治家の集会では当たり前となっている動員なども一切行いませんでしたが、50人を超える方々にご出席いただきました。この人数を多いと見るか、少ないと見るかは人によって判断が異なるかもしれませんが、個人的には、竿燈祭り最終日の土曜の午後という時間帯ということで、もっと少ないことも覚悟してましたので、秋田市外からのご参加いただいた方も含め、初回としては良いスタートを切れたのではないかと思っています。

 ただ、こうしたシナリオなしの、本当の対話型のスタイルは、実施したこちらも不慣れな点もあり、参加いただいた方には、ご迷惑をかけた部分も多々あったかと思います。
 次回からは、より多くの方にご質問いただけるようなスムーズな進行や、1つ1つの質疑を簡潔に行うような努力、スペースや会場レイアウトの工夫などを考えたいと思っていますので、次回、9月3日(土)のジョイナスにも一人でも多くの方にお越しいただけると大変幸いです。

 参加者の皆さんから一番質問が多かったのは、やはり原発に関すること、そして、それに対する初動も含めた政府の対応などについてです。
 これについては、寺田学さんが、政府としてできたこと、できなかったこと、あるいは、一政治家としての原発に対する思いや、原発の恐怖を体感したことなど、赤裸々にお話されていました。
 私からは、「これまで、原発は、福島や青森などにあり、原発マネーのことも、原発で作られる電気の行方も、原発のリスクも、秋田には関係のないことだと思ってきたが、いったんこうした事故が起きれば、原発の被害は、牛や人、土や水、あらゆる流通、生産のシステムに乗って、秋田にも及ぶことが明らかになった。これからは、秋田県民も原発をどうするべきか、自分たちのこととして考えて、そして、次世代のために結論を出していかないといけないと思っている」と述べさせていただきました。

 また、もう1つ、県政全般について、「今、地方は、少子高齢化や産業の衰退など、どこの地方も抱えている課題はだいたい同じ。そして、それに対する行政の対策、対応も基本的には同じ。観光振興や企業誘致、産業振興など、同じことをやっている以上、地域間競争で差が出るのはスピード。同じことをやっても、1番にやるか3番にやるかで、到着する場所、実現できるものが変わってくると感じている。リスクを背負ってでもトライしない限り、秋田はいつまでも1番にならないのではないか。自分としては、そういうスピード感を持った行政というものを今後も県政に求めていきたい。」と述べさせていただきました。

 昨日の全頭検査についての問題も、今、私なりにいろいろと調査をしていますが、やはり、このスピード感や危機感といったものの、山形県と秋田県の違い、差があるようにも感じています。

しっかり検査しています。

2011年08月08日

 本当は今日は週末の「まちなか座談会」についての報告をさせていただくつもりでした。
しかし、それより先に、書きたいこと、訴えたいことがあるため、座談会報告は後日にします。

 今日の報道で、
「県の測定装置故障」との記事。
現在、県産牛の全頭検査に使用している分析装置が故障し、故障した原因はわからないが、修理には1週間以上かかるとのこと。
そして、秋田県にはもう1台、秋田大学に分析装置があるので、秋田大学に分析をお願いする、とのこと。

 この記事を「仕方ないなあ」と読むかどうか。
私はそうは思わない。故障した機械を責めても仕方がないが、この検査体制そのものが果たして妥当だったのか。そのことには大いに疑問がある。

 問題点を明らかにするために、隣の山形県の検査体制などについて説明する。
山形県では、秋田県より少し早く、7月25日から検査をスタートさせた。
検査は県内2か所の機関で実施。 
そして、8月6日には「山形県産牛安全アピール大会」が山形市内のホテルで、知事を筆頭に、生産者、一般市民など約260人が集い、盛大に「安全宣言」を行った。
さらに、お盆前には通常の出荷体制・量に戻せるように、東京都内の検査機関にも分析依頼をする予定であり、お盆明けには東京での競りも再開される見通しとのこと。

 この山形県の体制を「そりゃ、米沢牛あるから万全の体制でやったんだな、秋田とは違う」と考えるかどうか。
「放射能汚染」という原因も、「全頭検査」という対策も、何ら違わない。
米沢牛だろうと、由利牛だろうと三梨牛だろうと、それぞれの県にとって大事な「ブランド」であることにも違いはない。

 しかし、秋田県では今だ「安全宣言」は出されず、機械は故障し、修理に2週間以上かかる見込みであるし、慌てて秋田大学に農産物などの検査協力を求めた秋田県。
最初から山形県内にある全ての機関をフル稼働し、さらに東京都内の機関まで使って、安全宣言や通常出荷体制に戻そうとしている山形県。

 経過がどうあれ、結果として、山形と秋田では、消費者の信頼回復へのスピードに違いが出てくることは事実。

 どうも最近、震災復興も、原発対応も、今後のエネルギー政策も、復興財源に関する増税議論も、全てが「国のせい」、「国が遅い」、「国の指示がない」と連発される地方の首長さんがおられる。

 「自治体は技術的な知識も態勢もそう整っているわけじゃない。金があっても機械は買えない。機械はもう品切れの状況。機械があったとしても検査技術者がいない。そういう状況の中で、国についてはもう少し頼りがいのある対応をしていただきたいというのが偽らざる気持ちです。」
と、記者会見でおっしゃったのは佐竹知事。

 どこの自治体でも佐竹知事がおっしゃるような状況だとして、どうして山形と秋田でこうも自治体の対応のスピードに差が出るのか。

 さらに言えば、山形県でも秋田県でも、当然、検査結果は県のHPに掲載している。
山形県は、「●月●日 ●●市 ●頭 不検出」というふうに表示しているが、秋田県では、市町村名の代わりに「固体識別番号」という10ケタの番号が列記されている。
山形県では既に、トマトやほうれんそう、様々な野菜の検査結果もHPでどんどん「安全」が公表されているが、秋田県では見たところ野菜に関する検査結果表示はない。
代わりにHPに掲載されているのは、「秋田あんしん食材リーフレット」というもので、これを店頭などに貼って使ってください、というふうに記載されている。
リーフレットには、食材よりも大きく佐竹知事の顔写真・・・そしてその写真の下に、「しっかり検査しています」との文字が・・・・
御自身が確かに「しっかり検査をされた」佐竹知事だけに、ある意味でその言葉には説得力があるかもしれないが、そうした「表面上」のアピールよりもまずは「中身の」安全、本当の安全確保対策を、1日も早く、他県に負けずに取り組んでもらいたい。

 本県の消費者も、生産者も、国だけではなく、自治体の責任、取組、判断によっても大きな影響を受けざるをえない。
先日のブログで、「経済格差が安全格差を生んではならない」と書いたが、このままでは「自治体格差が安全格差を生む」と言われかねないのではないか。

 この全頭検査に要する予算、体制は、知事の判断により臨時議会を招集せずに、知事の裁量によって執行できる「予備費」での対応となった。
それだけに、今回の対応に関する、佐竹知事の責任は重いと私は思っている。

カレンダー
2022年5月
<<4月   6月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
カテゴリー
アーカイブ

沼谷 純はこんな人!

昭和48年3月
秋田市生まれ。仁井田育ち。
平成7年4月
秋田県庁入庁、企画調整課配属。
平成22年12月
政治を志し、秋田県庁を脱藩!
(退職)
平成23年4月
秋田県議会議員に初当選。
現在3期目。
令和3年2月
秋田県議会議員を辞職。
新しいステージへ挑戦。
現在
秋田市横森在住。

詳しいプロフィールへ

事務所ご案内

〒010-0931
秋田市川元山下町2-3

TEL 018-883-3383
FAX 018-883-3384

Googleマップへ