ブログ

過去を生きる。

2013年05月15日

 「慰安婦制度が必要なのは誰だってわかる」

 「軍と売春はつきもの」

 これが日本を代表する都市、東京と大阪の知事を務めた政治家の言葉であり、目下、維新の会の共同代表である男たちの言葉だ。

 「侵略という定義は定まっていない」

 「侵略という文言はしっくりこない」

 これは総理大臣の言葉であり、自民党政調会長の言葉だ。

 私人として、過去の歴史認識をあれこれ語るのは自由だが、総理大臣や国政政党の党首らが公の場において、こういうことを簡単に発言してしまうこと自体、日本のリーダーとして、その資質の大いに問題あるのではないか。

 政治家の視線は、過去ではなく、現代と未来に向かわなければならない、私はそう思う。

 どんな歴史認識を披露しようとも、それによって、大きな外交摩擦が起き、それによって国益が失われるならば、それはまさに過去と引き換えに日本の未来を売りとばすようなものだ。

 慰安婦制度は必要だった、と言われても、平成の現代を生きる女性たちにその言葉は虚しく、あるいは不快に響くだけだろう。

 こういう現代的感覚がない政治家は恐ろしいと心底思う。

 自民党も維新の会も結局は「過去を生きる政党」ということか。

 今を生きる政党、未来に向かう政党というものがしっかりとこうした「昭和のお化け」のような政党に対峙していかなくてはならない。

 「歴史」とは何か。

 ある国、ある時代、ある側から見たときの「主観的認識」がそれぞれ多層的に重なって、共有されていったときに、それが「事実」となり、それが積み重なってやっと「歴史」と呼ばれるものになる。

 だから、当然のことながら、日本は日本の主観で歴史を捉え、韓国は韓国の主観で歴史を捉え、米国は米国の主観で歴史を捉える。

 そういう中で、ただ自らの「認識」を声高に叫ぶだけでは、何ら展望は見えてこないし、安倍総理が連発する「国益」とやらにもマイナスであろう。

 今、この日本を導く立場にある政治家たちは、学者のように歴史認識を論ずる前に、現代と未来に対してもっとやるべきことがあるのではないか、そのように思えてならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

何のための。

2013年05月13日

 1週間前の佐竹知事の定例記者会見。

 その中で非常に気になる発言があった。 

 記者の方から「(震災以降)なかなか秋田の観光が回復しない中で、今年のディスティネーションキャンペーン(DC)への対応を含め、今後どういった観光の展開をしていくつもりか。」との問い。

 知事は、「DCや国民文化祭などはイベント。これはこれで精一杯対応する。しかし、秋田は観光のコンセプトがない。そういうことすら考えてない。来た人にただ飯を食わせるというだけで観光とは何ぞやというところまでいってない。中長期的に地域ごとにそういうものを作ってもらわないと。」とお答えになられた。(一部抜粋)

 官民合わせ、秋田の観光振興や取組にはまだまだ改善すべき点があると私自身も思う。

 しかし、この知事の考えには賛同しかねる点が二つある。

 1つは、DCや国民文化祭はイベント、と割り切っておられる点。
単なるイベントなら数億にも及ぶ県費を投ずる必要はないのであり、やはり、このイベントを通して、秋田県の観光を「ここまでもっていきたい」「地域をこういう姿にしたい」という、戦略的な位置付けを持っていなければいけないのではないか。その意識が希薄に感じられる。

 もう1つは、秋田の観光にはコンセプトがない、ということについて、このコンセプトは確かに、各地域・市町村ごとにも考える必要があるわけだが、今の観光客の動態・実態を見れば、県境など軽々とまたいで、祭りや食・文化・自然をハシゴしている。

 その意味で、東北・北東北の中での秋田県の「コンセプト」も必要であるし、秋田県全体を周遊してもらうための県としての「コンセプト」や「戦略」も必要であろう。コンセプトがない、と言ってしまえば、これは県内各地域の問題だけではなく、総合戦略産業とまで大きく構えた県そのものにコンセプトがない、「何のための観光文化スポーツ部」ということになりはしないか。
市町村や民間事業者の方々にハッパをかけたおつもりかもしれないが、これはむしろご自身に返ってくる言葉になるような気がする。

 「コンセプト」という言葉はかっこいいが曖昧だ。

 先日の、なかいちで「与次郎」のヒゲがたびたび折られた(折れた)件でも、そのヒゲの材質がどうこう、という問題以前に、そもそも、あの「なかいち」のコンセプトが改めて定まっていないというように私は感じた。

 安藤忠雄建築、平野政吉コレクションという「アート」の隣に、秋田市のマスコットキャラクター?の「与次郎」。
アートとキャラクターは似て非なるものだ。
美術も、アニメも、ゆるキャラも、全部「アート」ということにはならないし、それらが必ずしも調和するわけではない。「なかいち」がコンセプト不明のまま、闇鍋のような状況の中で、それを「にぎわい」と呼ぶというのなら本末転倒だ。

 秋田県全体の観光コンセプト、そしてなかいちの「コンセプト」、いずれも言えるのは、どこの誰を「ターゲット」にし、そのターゲットに何が売れるのかという「マーケティング」こそが大事だということだ。

 県の観光行政における役割を県自身がどう考えているのか、もう一度再確認する必要があるのかもしれない。

 

 

自己保身。

2013年05月12日

 ブログの更新ができなかったことをお詫びします。
振り返りになりますが、先週の出来事について書いていきたいと思います。

 まず、県議会の関係について。

 議会の人事は、慣例等により2年任期となっています。

 今回、議長・副議長、各委員長そしてそれぞれの議員の所属委員会などの変更が行われました。

 議長・副議長、そして6つの常任委員会、議会運営委員会、予算特別委員会、経済雇用特別委員会などの委員長も含め、最大会派の自民党が独占ということになりました。(1つの委員長を除き。)

 議会の原則は多数決であり、こういう形になるのはその意味で当然のことですが、やはり自民党以外の会派もしっかりとしたポジションを得られるような「数」を目指していかなくてはいけないな、と改めて感じるところです。

 私自身は、産業観光委員会と議会運営委員会に引き続き身を置くことになりました。

 2年前の立候補時に、「産業振興」と「議会改革」を自分の活動方針の柱に据えたことから、この4年間はしっかりとこの2つに取り組んでいきたいと思ったためです。

 もう1つ。

 議員定数についても採決がありました。

 由利本荘市、秋田市選挙区の定数をそれぞれ1つずつ減らす「2削減」案が、自民党、新みらい、いぶきの3会派の賛成によって成立しました。

 民主党からは私が登壇し、この削減案について反対討論を行いました。

 討論の内容全体は県議会HPでご覧いただけますので、お時間がありましたら是非ご覧いただければと思います。(視聴はこちらから。5月9日本会議の録画をご覧ください。)

 簡潔に言えば、今回の定数2削減は、1票の格差是正や人口減少対応などを先送りした議会の「自己保身」的な内容になっていること、そして、その結果、県民の皆さまの法的権利、とりわけ秋田市民の皆さまの権利を侵害するような内容になっていること、この2つの理由をもって反対をしました。

 今回、4人程度の定数削減をすべきであったと思います。 

 いずれ、何人が妥当か、といったことについて法的、技術的なことはいろいろ議論がありますが、今回、私自身の「議員定数」についての率直な思いを討論の中で述べましたので、その部分のみ、ここに抜粋させていただきます。(自分の討論を自分で引用するほど気恥ずかしいものはありませんが)

<以下抜粋>

 「最後になりますが、今、本県が抱える最も大きな課題は人口減少であります。そして、その人口減少を乗り越えて経済や地域の活力を維持していくためには、県民一人ひとりが今よりもより様々な役割を担い、企業や家庭や地域における活動両を増やし、生産性を高めていくことが必要不可欠であります。

 それと同様に、議会もまた、議員の数が減れば地域の声を吸い上げられなくなる、あるいは議会の機能が弱まるといった後ろ向きな論理ではなく、むしろ、議員一人ひとりの活動の質や量、言わば議員としての生産性を高めていくことで、質の高い議会、コストパフォーマンスの高い議会を目指していくべきではないでしょうか。」

 数より質。これこそが議会改革の本質であり、目指すべき姿だと確信しています。 

カレンダー
2013年5月
<<4月   6月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の記事
カテゴリー
アーカイブ

沼谷 純はこんな人!

昭和48年3月
秋田市生まれ。仁井田育ち。
平成7年4月
秋田県庁入庁、企画調整課配属。
平成22年12月
政治を志し、秋田県庁を脱藩!
(退職)
平成23年4月
秋田県議会議員に初当選。
現在3期目。
現在
秋田市横森在住。

詳しいプロフィールへ

事務所ご案内

〒010-0931
秋田市川元山下町2-3

TEL 018-883-3383
FAX 018-883-3384

Googleマップへ