ブログ

組織をいじる。

2011年12月09日

 委員会二日目が終わりました。
 いろいろな議論をしていく中で、だいぶ見えてきたものがあります。

 たとえば、今、秋田県が県外への販路拡大や企業誘致のために設置している事務所やアンテナショップ、これらについて、佐竹知事は、最近「見直す」と連発しています。
 東京のアンテナショップについては、「前知事時代に(品川に)移転したもので自分が知事になったときにはもうそこ(品川)にあったが、当時、あまりよくコンセプトなど詰められていかなったのではないか」といったこともおっしゃっています。

 しかし、今日の委員会の場でその、「見直し」の時期や手法、あるいは今の問題点や成果などについて確認をしましたが、全く満足できる回答はありませんでした。
 見直し、というパフォーマンスだけが先行している感が否めません。

 また、来年度から新しくできる観光文化部。
 これも、何が新しくなるのか、今までの体制で何ができなくて、あるいはできたのか、では、現在の産業労働部は今後、観光部門が抜けてどう変わっていくのか、こうしたことにも明快な方針や説明はありませんでした。
 本当に全庁挙げて、この新しい部について検討し、合意されているのか甚だ疑問と言わざるを得ない状況です。
 これまた、「観光を総合戦略産業として位置付ける」と言った佐竹知事の言葉から生まれたものですが、その言葉だけが躍っているような印象を受けました。

 今、県民が求めているのは組織をいじることでしょうか。
 山王4丁目1番地の中でパズルゲームをしている時でしょうか。
 佐竹県政は平成24年度に、その任期最後の4年目を迎えます。
 その4年目に今更、組織をいじっているようでは、いつになったら、その総合戦略産業なるものの花が開くのでしょうか。

 産業振興が政策の1丁目1番地だとおっしゃった佐竹知事。
 4丁目1番地をいじることは、何の成果でもありません。
 衣替えや看板の掛け替えをして、県民の所得が増えるならいくらでもやればよいと思いますが、そんなことをしただけでは1円も所得は増えないのです。

 私も何度も職員時代に組織再編を経験しました。
 間違いなく言えることは、再編後は、いったん組織のパフォーマンスが落ちます。
 なぜなら、物理的な引っ越しや業務の引き継ぎ、組織の組み替えによる仕事の仕方や情報の共有などに時間がかかるからです。
 まして、既存の組織のあちこちから仕事をかき集めてきて、新しい部を作るというような今回の手法では、
組織立ち上げ当初は混とんとした状態になります。
 新設された組織が、低下したパフォーマンスを盛り返して、従来以上の仕事をするようになるには、私の感覚では、1年では足りないと思っています。

 そんな組織再編を任期最後の年に行おうとしているのですから、ではいったい、いつその成果を出そうとされているのか、と私としては頭を抱えてしまいます。

 議会の終盤に予定されている総括質疑でも、私としてはこのことを佐竹知事にハッキリ申し上げたいと思っています。

 そういえば。
 余談ですが、大阪の橋下市長が、知事としてのボーナスを受け取らなくてもいいように、知事を辞職する日を1日早めたという報道がありました。「改革、改革と言っている自分が辞職日を1日遅らせてボーナスを受け取るようでは恥ずかしくて外を歩けない」とか。

 くどいようですが、佐竹知事。
 どうして、御自身の半年後のボーナスアップを今決めたのでしょうか。
 なかなか対照的な考え方だなあ、と思いました。

委員会初日。

2011年12月08日

 昨日までの一般質問が終わり、今日からは各委員会が開催されています。
 今日の産業労働委員会では、現在の秋田の経済情勢・雇用対策などを中心に議論が行われました。

 平成21年度から国からの交付金を原資として、基金を積み立て、その基金を取り崩しながら、県では雇用対策を実施してきました。
 原資は国のお金のため、その意味ではこの3年間、県は自分の財布を痛めることなく、雇用対策を実施してくることができたわけです。
 その成果としては、約9000人の雇用が、この3年間の生まれたことです。
 しかし、この雇用はあくまで「有期雇用」であり、正社員でもありません。その給料は、この国からのお金を原資とした基金から支出されてきました。

 そして、この事業が一部を除いて、今年度限りで終了することになります。
 つまり、基金からは給料を払えなくなり、今後は、有期雇用をしてきた企業や団体、NPOなどがそれぞれ、その雇用を「自腹を切って」続けるか、あるいは、雇用を打ち切るか、という選択をしていくことになります。
 今年度、あるいは来年度には、こうした県の基金から給料を支払われてた被用者の方々の何割かが、再び、失職する、仕事がなくなるという状況に陥ることが予想されます。

 もちろん、県でもこれに対する対応策を、打てる限りの手を打ってはいますが、結局は、企業が自腹を切って雇用できる場合ばかりではないので、どこかでそうした方々について、別の形での雇用を考えていかなくてはいけません。
 さらには、今現に雇用されている方々だけではなくて、現在、求職中の方々に対しても、事業終了に伴い、今までのような形で雇用対策を実施することが難しくなってきますので、県としては、今後、県独自の雇用対策というものに一歩も、二歩も踏み込んでいかなくてはいけない、かなりシビアな状況となります。

 もちろん、県が独自に、多額の基金を積んだり、予算を投入できればいいですが、秋田県の財布にそれほど余裕があるわけではないので、別の事業を廃止したり、ムダを削るなどして雇用対策の財源を確保しなければならなくなるでしょう。

 これは次の2月議会でも大きなテーマとなると思いますが、私としても県独自の雇用対策、そしてその財源確保について引き続き考えていきたいと思っています。

 もう1つ、私のほうから今日、提案をさせていただいたことは、「復興特需をどう秋田に取り込むか」です。
 今、宮城県や岩手県などの隣県被災地では、莫大な復興予算が執行されています。
 調べてみたところ、宮城県の予算は、対前年比で260%。昨年度8500億だった予算規模が、今年度は国からの様々な復興支援のため、2兆2千億となっています。
 岩手県も対前年比200%です。

 こうした予算、あるいは膨大な需要は、被災地ですさまじい勢いで消費・消化されていきます。既に仙台市内の百貨店の売り上げは前年同月を上回っています。

 「被災地から受け入れるのがガレキだけでは県民は納得しない。被災地の復興需要、今後数年にわたって続いていく何兆円という政府からの支援、こういうものも秋田の企業や雇用に波及効果を呼び込んでくるような、そういうアプローチがそろそろあっていいのではないか。震災直後は被災者の感情や生活に配慮・遠慮があったとは思うが、もう、そんなことを言っているばかりではダメだし、こういう復興需要を実際に取り込んでくるような、そういう取組を全庁挙げてやってもらいたい。高速道路も再び無料化になったし、首都圏での誘客キャンペーンだけでなく、仙台から車で秋田に遊びにきてもらうようなところも狙っていってはどうか。そういうタイムリーな観光対策も必要。」

 というようなことを述べさせていただきました。
 少々えげつない言い方にはなりますが、秋田の経済・雇用情勢を考えたときにも、もはやなりふりかまっていられる状況ではなく、復興マネーを貪欲に取り組んでくる、その図々しさ、交渉力が秋田の官民ともに求められていると思います。
 佐竹知事が自画自賛される自らのトップセールスも、こうした「復興支援と秋田県経済の立て直し」の両立に向けて、発揮してもらいたいと願います。

 さて、明日は委員会の二日目。
 明日、私からは県外にある秋田のアンテナショップや、秋田の商品の販路拡大、あるいは来年度新たに設置される観光文化部などについて意見を述べさせていただこうと思っています。

 いずれ、こうした意見や議論が、来年度の予算などに反映されていくことが私の希望ですし、そういう深まりのある議論を県当局と行っていきたいと思います。
 

小原議員へ。

2011年12月06日

 今日で一般質問3日目が終了しました。
 残すは明日1日となります。

 今日、我が会派の小原議員が一般質問としては初登壇しました。
 登壇としては2回目となります。

 彼が質問したこと、提案したこと、の内容についてはここでは書きませんが、今夜のテレビニュースや明日の新聞などでその概要は皆さまにも知っていただけるかと思います。

 中身が最高だった、素晴らしかった、と手放しに言うつもりはありません。
 しかし、おそらく、この一般質問をするにあたって、正直、彼ほど苦労した人はいないのではないかと思います。
 もともと、彼は作文がしたくて議員になったわけではなく、「秋田を良くしたい」、「今、秋田が持っている地域資源や人材を活かせばまだまだ秋田は良くなる」という、ただただその想いを県政にぶつけるために議員になりました。
 正直、元役所勤めの私とは違って、作文は苦手です。
 しかし、私とは違って、営業は大得意です。
 とはいえ、議会という場は、営業だけしていればいいわけでも、交渉だけしていればいいわけでもなく、やはり、こうした作文や政策立案ということに正面から取り組んでいかなくてはいけません。
 想いを言葉にして、形にして、そこに納得性、説得性を持たせることのむずかしさ、を彼自身今回痛感したのではないかと思いますし、私は毎晩毎晩、本当に不眠不休で、目の下にクマをつくって原稿に向かってきた彼をただ横で見ているだけでしたが、悶絶の中から何かを生みだそうとするその姿には、正直、感服しました。

 今日は、彼の御両親、御家族、地域の方々もたくさん応援に駆け付けられ、傍聴席から彼の姿を見届けておられました。

 私と彼は、育った場所も環境も違いますし、仕事をしてきたフィールドも違いますし、むしろ共通点など全くない者同士ですが、今日、本当に精一杯声を張り上げて、108万の県民の皆さまに届けとばかりに熱弁をふるっている壇上の彼を見て、改めて、こいつと一緒に当選できて、一緒に議員をやれて良かったな、と思いました。

 小原さん、まずは本当にお疲れ様。
 よく頑張りました。
 そして、まだまだ頑張りましょう。一緒に。

 次は私の番ですね。
 佐竹知事、小原さんの熱い想いをよく受け止めていただきました。同僚議員として心から感謝します。
 

カレンダー
2011年12月
<<11月   1月>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリー
アーカイブ

沼谷 純はこんな人!

昭和48年3月
秋田市生まれ。仁井田育ち。
平成7年4月
秋田県庁入庁、企画調整課配属。
平成22年12月
政治を志し、秋田県庁を脱藩!
(退職)
平成23年4月
秋田県議会議員に初当選。
現在3期目。
令和3年2月
秋田県議会議員を辞職。
新しいステージへ挑戦。
現在
秋田市横森在住。

詳しいプロフィールへ

事務所ご案内

〒010-0931
秋田市川元山下町2-3

TEL 018-883-3383
FAX 018-883-3384

Googleマップへ